カテゴリー: 仕組みを知りたい税金の話

相続時精算課税制度を使う際はご注意を

財産を譲るのは、贈与がいいか相続時がいいか、ご家族の状況によって異なります

相続時精算課税制度を使えば、一組の贈与者・受贈者につき、2500万円まで、贈与税がかかりません。
また、2500万円を超えた金額に対しても、一律20パーセントの贈与税がかかるだけです。
ただし、その名の通り、『相続時』に課税されること、ご注意ください!

“相続時精算課税制度を使う際はご注意を”の詳細は »

相続と贈与と課税についてはこう決まる

1年間のもらった財産の合計額が110万以下である場合には原則として贈与税は課税されませんよ、賢く利用して、相続税を節税しましょう

贈与税はもらった財産にかかる税金ですが、すべてにおいてかかるとうわけではなく1年間のもらった財産の合計額が110万以下である場合には原則として贈与税は課税されません。(110万以下=110万は含みます)また原則として贈与税は個人が納める税金です。
“相続と贈与と課税についてはこう決まる”の詳細は »

みなし贈与と相続は税と権利法の違いによる

保険料を払った人からの贈与とみなされ保険金を受け取った人が贈与税を払わなければなりません。ただし死亡保険は相続税の課税と対象されますよ

実質上の内容が贈与によってもらったものと同じとされるのであれば贈与税が課税されます。
“みなし贈与と相続は税と権利法の違いによる”の詳細は »