マンションの敷地権って、なんだろう?

マンションの一部屋を購入すると、たいてい、敷地権というものがついてきます。
では、敷地権とはいったいどのようなものなのでしょうか。

一戸建て住宅を持つ人が自分の所有する住宅や、住宅の立っている土地を売りたいと考えたとき、建物だけを売却することも、逆に土地だけを売却することも可能です。

しかし、マンションの場合、事情が異なりますので注意が必要です。
以前は一戸建て住宅と同じようにマンションも建物の専有部分の所有権と、土地の共有持ち分について、別々に売却することが可能でした。
しかしそうすると、土地の所有者が一人ではないため、登記簿上にも膨大な記録を載せなくてはならなくなります。
とてもややこしいことになるため、別々に処分することを禁止すべく各マンションの管理規約などで対応していたこともあるようですが、結局守られないこともあったそうです。
そのため、昭和58年の法改正により、マンションの建物部分(の専有部分)と、敷地利用権とは、別々に処分できないようになりました。

つまり法改正によって、昭和58年頃以降に建てられたマンションについては、
建物(専有部分)と土地の共有持ち分(敷地利用権)を分離して処分することができなくなったのです。
つまり、マンションを売り買いすると、その敷地の権利も一緒に売り買いされるというわけです。

そして『敷地権』とは、法改正以降のマンションの登記簿に登記された、
『専有部分と一体化された敷地利用権』の不動産登記法上の呼び名のようなものなのです。

今回取り上げた『敷地権』については、マンションの売買だけではなく、
相続の際の不動産の名義変更でも耳にすることと思います。

相続手続きを横浜でする専門家です
マンションの相続の手続に迷われたら、横浜の手続の専門家へご相談にお越しください。
www.souzoku-shien.net

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む