相続の失踪期間について

相続の失踪宣告の手続きが必要になります。この手続きには約1年の期間を要します。

失踪期間は30条に定めがあり、

普通失踪 – 失踪期間は不在者の生死が明らかでなくなってから7年間(30条1項)。
“相続の失踪期間について”の詳細は »

相続と贈与の法律の考え方です

相続の贈与とは、当事者の一方が財産を無償で相手方に「財産をあげます」と意思を表示し、相手方が「いただきます」と受諾をすることによって、効力を生ずる契約をさす

双方の合意が必要なのが「死因贈与」と「生前贈与」です。
財産をあげる人が、あげるときに「亡くなっている」か「生きている」かで、
相続税と贈与税の違いが分かれます。
“相続と贈与の法律の考え方です”の詳細は »

相続と贈与と課税についてはこう決まる

1年間のもらった財産の合計額が110万以下である場合には原則として贈与税は課税されませんよ、賢く利用して、相続税を節税しましょう

贈与税はもらった財産にかかる税金ですが、すべてにおいてかかるとうわけではなく1年間のもらった財産の合計額が110万以下である場合には原則として贈与税は課税されません。(110万以下=110万は含みます)また原則として贈与税は個人が納める税金です。
“相続と贈与と課税についてはこう決まる”の詳細は »

貸金の債権を相続する時の決まり

相続財産に関しては、相続人が誰であるか確定した時より6か月は時効が成立しませんよ

貸金の債権があった場合民法と商法に定められた規定に基づいて処理することとなります。

貸金債権
“貸金の債権を相続する時の決まり”の詳細は »

相続放棄の撤回が例外的に認められる場合

相続人の意思に反する特別の事情がある場合は、相続放棄の撤回が認められることもあります

・他の相続人によって脅迫されて相続放棄した・詐欺によって相続放棄したこのように、相続人の意思に反する特別の事情がある場合は、相続放棄の撤回が認められる場合があります。
“相続放棄の撤回が例外的に認められる場合”の詳細は »

相続の特例の遺言の場合 も規定がある

相続では証人者が遺言を家庭裁判所に提出して検認の手続きを受けるまでは普通の遺言と手続きは同じですよ

船舶遭難等の場合は千兆や事務員の承認の立会で口頭により遺言が可能とされています。その時証人が趣旨を筆記し、遺言を作ることとされています。
“相続の特例の遺言の場合 も規定がある”の詳細は »

みなし贈与と相続は税と権利法の違いによる

保険料を払った人からの贈与とみなされ保険金を受け取った人が贈与税を払わなければなりません。ただし死亡保険は相続税の課税と対象されますよ

実質上の内容が贈与によってもらったものと同じとされるのであれば贈与税が課税されます。
“みなし贈与と相続は税と権利法の違いによる”の詳細は »

最新の記事 »