法定相続分と遺産分割協議

民法に規定されている法定相続分と、
異なる割合での遺産分割協議を行うことは可能でしょうか?

結論は可能です。

そもそも法定相続分と言うのは、話し合いがまとまらない場合等に、
一応法律上この割合で権利を持つのが平等ではないでしょうか?
と言った割合を示すものです。

そのため、相続人が自己の法定相続分という権利を放棄する形で、
他の相続人に財産を取得させるといった遺産分割協議をすることは
法律上全く問題ありません。

きちんと自分で考えて判断するのであれば
法定相続分とは関係なく、相続人の協議によって
遺産を自由に分割をすることができます。

ただし、相続人の権利として一応法律上規定されていますので、
自身の意思をハッキリと伝えることができない方には、
法定相続分を下回る遺産分割協議はすることができません。

例えば、被後見人の方です。
被後見人の方というのは自己の判断能力を欠いていますので、
そのような方の権利を守る必要があります。
そのため、被後見人の方が相続人になっているケースでは、
被後見人の法定相続分を下回る遺産分割協議はできません。

このように、自由に任せている部分と、法律上規制をかける部分とで
バランスを取っているのです。

«
 

トラックバックURL