収入があった方が亡くなった後の準確定申告とは

確定申告をしなくてはならないのは、どのような方なのでしょうか。

いくつか例をあげるなら、
・給与所得、退職所得以外の所得の合計が20万円以上あった人
・給与所得が2,000万円を超えた人
・2カ所以上の会社から、給与をもらっていた人
・支払った医療費が、医療控除の対象となった人
などの方が、確定申告をしなくてはならないとされています。

では、「準確定申告」という言葉はご存知でしょうか。
「準確定申告」とは、被相続人が亡くなった年の1月1日~死亡した日までの、所得を申告することをいいます。
申告期限は、被相続人の開始を知った翌日から4カ月以内で、準確定申告が必要な人は、前述したパターンに当てはまる方です。
申告の手続きと納税は、相続人が行います。

参考までに、相続の手続で提出期限のあるものを、ここで整理しておきます。

・相続の放棄、相続の限定承認・・・相続の開始を知った日の翌日から3カ月以内

・準確定申告・・・相続の開始を知った日の翌日から4カ月以内

・相続税の申告と納付、延納、物納・・・相続の開始を知った日の翌日から10カ月以内

最後の相続税の申告は、税の納付も同じ期限となっているので、余裕をもってとりかかれると良いかと思います。

準確定申告や相続税の申告についてお困りの方は、横浜川崎の相続手続専門家へご相談ください。

«
»
 

トラックバックURL