収入があった方が亡くなった後の準確定申告とは

「準確定申告」という言葉はご存知ですか。被相続人が亡くなった年の1月1日~死亡した日までの所得を申告することをさします。

確定申告をしなくてはならないのは、どのような方なのでしょうか。

“収入があった方が亡くなった後の準確定申告とは”の詳細は »

相続時精算課税制度を使う際はご注意を

財産を譲るのは、贈与がいいか相続時がいいか、ご家族の状況によって異なります

相続時精算課税制度を使えば、一組の贈与者・受贈者につき、2500万円まで、贈与税がかかりません。
また、2500万円を超えた金額に対しても、一律20パーセントの贈与税がかかるだけです。
ただし、その名の通り、『相続時』に課税されること、ご注意ください!

“相続時精算課税制度を使う際はご注意を”の詳細は »

相続税の申告は「忘れていました」ではすまされません

相続税の申告をせずに申告期限を迎えた場合、相続税が発生することを知りませんでしたという理由は通りません。

相続税の申告を忘れるとどうなるのでしょうか。

“相続税の申告は「忘れていました」ではすまされません”の詳細は »

相続税の申告と納税はいつどこで行うのでしょうか

申告も納税も同じ日が期限だということ、ご存知ですか。

平成27年1月1日より、相続税に関する税法が大きく改正されたのは記憶に新しいかと思います。
その控除額ばかり取り上げられていますが、今日はこの場をお借りして原点に立ち返り、
相続税の申告と納税は、いつ、どこで行えばいいのか確認させていただこうと思います。

“相続税の申告と納税はいつどこで行うのでしょうか”の詳細は »

形状や周辺環境によって土地の評価額が変わる?

土地と言っても、ま四角ではありません。細長い土地や、道路との高低差がある土地などさまざまです。 相続の際にはぜひそれらの点にも注目してみてください。

ご自宅のポストに、『〇〇町100平米で3500万円』
などと不動産の価格が書かれたチラシが入っていたことはありませんか。

“形状や周辺環境によって土地の評価額が変わる?”の詳細は »

マンションの敷地権って、なんだろう?

マンションの相続手続も、一戸建ての相続手続も、相続手続きでのご心配事は、 横浜の相続手続専門家へどうぞ!

マンションの一部屋を購入すると、たいてい、敷地権というものがついてきます。
では、敷地権とはいったいどのようなものなのでしょうか。

一戸建て住宅を持つ人が自分の所有する住宅や、住宅の立っている土地を売りたいと考えたとき、建物だけを売却することも、逆に土地だけを売却することも可能です。
“マンションの敷地権って、なんだろう?”の詳細は »

相続で検認しなければどうなるの?

相続で検認をせずに遺言執行を行うと法律では、5万円以下の罰金に処せられることになっています。

封印の無い遺言書は、相続人が自由に
開封することができます。しかし封印があるものは検認をしなければなりません。
検認をせずに遺言執行を行うと法律では、5万円以下の罰金に処せられることになっています。
検認の流れは以下の通りです。
その1:家庭裁判所は相続人など利害関係人を呼び出し、
遺言書の現状を確認。
その2:証拠を保全します。
その3:検認手続が終了したときは、家庭裁判所は検認に立会わなかった申立人、相続人、受遺者その他利害関係人に通知。
ただし、内容についての可否は検認では行いません。
自筆証書遺言は、結果、形式にそぐわなかったりした場合遺言無効とされることもあります。
要件が欠けているとか、本人の筆跡かどうか不明という理由で自筆証書遺言を無効とした例もあります。
遺言を破棄したり書き換えたりしたら相続人あるいは受遺者としての権利をはく奪されます。
公正証書遺言・・・・・・
公正証書 は、公証役場にて作成する遺言です。
公正証書遺言は2人の証人を立会わせて作成します。

公正証書遺言があると、検認手続が不要執行に移行できるメリットがあります。ただし公証人や立会人等の関係者に内容を知られます。(デメリット)また作成費用もかかってしまいます。
とくに、不動産などは、できるだけ早く登記が必要なので手続きがスムーズな公正証書遺言をお勧めします。
遺言が自分に不利なことを知った法定相続人が、その遺言執行を妨害する目的で、単独で法定相続に基づく不動産の相続登記を申請されたりすることもありますので、注意が必要です。

知っておくと役立つ不動産の相続

特定の遺産を特定の相続人に「相続させる」旨の遺言をしておくことで遺産が不動産である場合、当該相続人が単独で登記手続をすることができます

不動産を相続したとき必要なこと・・・・

●不動産の名義変更(相続による所有権移転登記、
相続登記登録免許税が必要になる)
●相続した不動産を管轄する法務局への
登記申請相続手続きなど

相続登記に必要な書
●被相続人の戸籍謄本、除籍謄本、除住民票
●相続で不動産を取得した相続人全員の 戸籍謄本、住民票、印鑑証明書

●固定資産評価証明書
●相続財産の遺産分割協議書
●登記委任状

相続登記登録免許税とは・・・・・
登録免許税として、「固定資産税評価額×0.2%」の
登録免許税が必要です。

相続登記は自分ですることもできますが、
相続登記の書式・相続登記様式、その他必要書類などもたくさんありますので、司法書士などの専門家に相続登記を依頼するほうが効率的にこなしていけます。

●相続財産に関する書類例

預貯金の残高証明
土地家屋の評価証明
土地家屋の登記簿謄本・公図
有価証券の明細
非上場企業の場合は法人税申告書
生命保険の証書・領収書
未評価の建物(建築中)については請負契約書の写し
賃貸契約書の写し

相続の対象となる遺産は、土地や預貯金といったいわゆるプラスの遺産ばかりではありません。被相続人の債権などのマイナスの遺産もその対象になるので注意しましょう。

直系尊属及び兄弟姉妹の相続権

第一順位の相続人である子または代襲相続人がいない場合には、第2順位を直系尊属とし、第3順位を兄弟姉妹とすることをさしています。

889条 1項 次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。

1号 被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
2号 被相続人の兄弟姉妹
2項 第887条第2項の規定は、前項第2号の場合について準用する。

第一順位の相続人である子または代襲相続人がいない場合には、
第2順位を直系尊属とし、第3順位を兄弟姉妹とすることをさしています。
本条第2項で、兄弟姉妹にも代襲相続ができることとなっています。
ただし兄弟姉妹の代襲相続は、兄弟姉妹の子に限り認められます。

直系尊属の中では、親等の近いものが相続人となります。
(配偶者の相続権)
890条 被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、
第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、
その者と同順位とする。
被相続人の配偶者は,常に相続人となります。

民法889条【直系尊属及び兄弟姉妹の相続権】 ①次に掲げる者は、
第八百八十七条の規定により相続人となるべき者がない場合には、
次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
一  被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間ではその近い者を先にする。

二  被相続人の兄弟姉妹
②第八百八十七条第二項の規定は,前項第二号の場合について準用する。
内縁配偶者相互間の相続権は認められていません。
内縁配偶者が財産を取得するには、
「遺贈」、「生前処分」、「遺産分割に先行して共有財産の清算を行っておくなどがあげられます。

相続の失踪期間について

相続の失踪宣告の手続きが必要になります。この手続きには約1年の期間を要します。

失踪期間は30条に定めがあり、

普通失踪 – 失踪期間は不在者の生死が明らかでなくなってから7年間(30条1項)。
“相続の失踪期間について”の詳細は »

« 過去の記事